メニュー

よくあるご質問Q&A | 漢方相談室.com・・・漢方相談室ドットコム・・・東洋医学ケア専門店

m header tel

m header mail

sun2東洋医学ケア専門店

お問い合わせ》 TEL:046-204-7578メール/スカイプ

よくあるご質問Q&A

自立神経失調症の悩み

東洋医学では、陰陽のバランスを考え漢方薬を構成します。

自律神経は、交感神経と副交感神経のリズムが乱れているときに症状が現れます。

まず、漢方薬で自律神経を整え、夜に寝て、朝に起きる体質改善を目指します。

生活全般からのアドバイスもいたします。

肩こり・腰痛・関節痛の悩み

お辛いですね。

パソコンやデスクワークを続けていると、肩・首・頭、眼精疲労などにつながり、

慢性的な肩こり、頭痛に悩まされがちです。肩こりの一番の原因は、血行不良です。

まず、生活を見直すことと、こりをほぐし、運動を心がけることです。

温かいお風呂などで筋肉の緊張を和らげましょう。

漢方では、急な肩こりは、葛根湯などで対応しますが、慢性的な肩こりは、

何が原因で肩がこってきているのかをつきとめるのが先決です。

まずは、対面個別指導でからだからアプローチすることをお勧めします。

更年期の悩み

不調がどこから来ているのか、詳しく調査しなければわかりませんが、更年期障害は、早い方で40代前半から始まっています。老年期移行するからだの変化は、人それぞれで、様々な症状となって現れます。早いうちから自分のからだに向き合うと、更年期をなんなく過ごすことができます。様々な方法をアドバイスできますのでお気軽にお電話ください。

慢性疲労の悩み

既往歴、経過などお聞かせください。お薬を飲まれている方は、お薬手帳も持参してください。現在のお薬と併用してよい漢方薬もございます。(通院の方はかかり医に要相談)持病をお持ちの方は、病気が原因で体力を消耗してしまいがちです。根本原因の特定がなされず、対症療法を重ねてきた結果、病因が背後に隠れてしまった(里証)ケースがあります。漢方薬で少しずつ、体力回復からはじめ、里証の改善を図りましょう。

生理痛・生理不順の悩み

生理痛が普通のことだと思っていませんか?生理痛は、明らかにからだの異常です。中医学の原則として、「通則不痛、痛則不通」という言葉があります。いわば、通れば痛くない、通らなければ痛い。つまり、痛いということは滞りがあるということです。長い間放置していれば大変な事態になります。早いうちの改善がベストです。無料相談をご利用ください。

美容の悩み

体調を全体的に整えるのが漢方の基本です。

体調がよくなると、血行がよくなり、代謝もアップします。そうすると顔色や肌の艶もよくなっていきます。

そういう意味で、長期的な美容としては優れています。

ダイエットの悩み

あります。ただし体質や肥満原因のタイプによって、お勧めする薬は様々です。一時的なダイエットは無理がありリバウンドしてしまいます。ダイエットの鍵は体質改善です。一度、電話またはメールでご相談ください。

子宝・不妊の悩み

赤ちゃんができる薬があると思ってしまいますよね。東洋医学では、妊娠には腎の働きをよくすることを重要視します。漢方薬で、体力と気力が充実させて、生理周期を整えていくと、自然とおめでたにつながることがよくあります。

皮膚の悩み

皮膚は内臓の鏡です。腸の調子を整えると皮膚が蘇ることがあります。胃腸の調子がよくなって、免疫力が高まれば肌トラブルがなくなり肌の状態がよくなります。その点、漢方薬は、肌に調節の作用ではないので、穏やかに快方に向かいます。